皮膚科

皮膚科ドクターが教える 子どもの夏のスキンケア!

岡村理栄子先生子どもの夏のスキンケアについて、岡村皮フ科医院 皮膚科医 岡村理栄子先生にお聞きしました。

岡村先生:「子どもの夏の肌トラブル上位は『あせも』と『紫外線』。スキンケアや服装、UVケアで肌トラブルから守ってあげて」

あせも対策は

洗浄と保湿が基本です。汗をかいたらこまめに濡れタオルで拭いて清潔に。学校にいる間も自分でケアできるよう練習してみましょう。そしてキレイにしたあとは、保湿ケアを夏でも欠かさないことが大切です。

子供はとっても汗っかき!

こどもは汗っかき。あせも対策はこんなことに気をつけて

汗をかく子どものイラスト★ 服装
汗を吸わないオシャレ服は気を付けて!
吸湿性、通気性の良い服装を
袖なしよりは半袖を!

★ 汗をかいたら
汗をかいたらすぐ着替える
汗+アカ・ホコリ→アルカリ性になってかゆくなるから、汗はそのままにしない!

★ 保湿ケア
汗をかいたらすぐ濡れタオルで拭くか洗い流し、すぐ保湿を!
朝晩の全身保湿ケアを忘れずに!

★ エアコン
エアコンの設定温度→25℃以下に

子どもにもUVケアは必要です!

UVカット剤を塗る女の子一生に浴びる紫外線量のうち6割が10代までに浴びるといわれています。
こども時代からUVケアをしっかり行いましょう。

なかなか学校では塗り直しができないこどもには、ウォータープルーフタイプがオススメ。

以前は水が汚れるからと、学校プールでの使用は認められていませんでしたが、現在は学校でも紫外線が問題視されるようになり、使用が認められるようになってきました。

プールがない日もUVケアを忘れないでね!

洗顔 + 顔・体保湿 + UVカット剤(ウォータープルーフタイプ)

洗浄 + 顔・体保湿

UVカット剤の選び方

UVカット剤イラスト★ 毎日の紫外線ケアに
クレンジング不要のUVカット剤

★ プールや塗り直しができないときに
汗、水に強いウォータープルーフタイプ

虫さされ対策

虫の多い場所へ行くときは

  • 長袖シャツや長ズボン、ブーツ、帽子を身につけ、できるだけ皮膚が露出されている部分を減らすようにします。
  • おなかや背中が出ないように気をつけましょう。
  • 靴下をはき、サンダルではなく足の指先がしっかり覆える靴をはきましょう。
子供の虫さされ対策の服装

虫にさされたときの対処法

蚊・ノミ

蚊少なくても一週間前後で治癒
でも!腫れがひどくなり痛みが増したら、細菌感染や遅延型アレルギーの可能性アリ→病院へ

ハチ

ハチ刺し口を清潔にし、冷やす。抜けるようなら、毒針を抜く。
でも!全身にじんましんができ、吐き気や息苦しさを感じるようになったらアレルギー発作の可能性!→病院へ

ダニ

ダニアレルギーの原因となる刺さないヒョウダニ→掃除で除去
虫さされの原因となる刺すツメダニ、イエダニ→殺虫剤

ABOUT ME
やえ編集スタッフ
やえ編集スタッフ
ゲンキのモトの編集・ライティング担当。10才と6才の男の子がいます! 乳幼児ママのための食の総合情報サイト「こどものヒトサラ」にて、お弁当記事を掲載中。インスタグラムでも、日々のお弁当や大好きなスイーツなどをアップしています♪良かったら見にきてくださいね!(@mainichi_sweets_genkinomoto