小児科

冬の対策!! インフルエンザとアレルギー

冬の対策!! インフルエンザとアレルギー

冬はインフルエンザや鼻水など、子どもが体調を崩しやすいからママはいつも心配・・・でも、予防できることもじつは沢山あるんです!
早めの対策で、冬を元気に過ごしましょう!!

今回お話をうかがったのは・・・

久住先生 ナビタスクリニック立川 久住英二先生
・日本内科学会認定 内科認定医
・日本血液学会認定 血液専門医
・日本旅行医学会 認定医
・日本臨床腫瘍学会
澤田先生 澤田こどもクリニック 澤田雅子先生
・日本小児科学会認定小児科専門医
・日本アレルギー学会
・日本小児アレルギー学会
ママもホッとできる、優しい雰囲気の小児科さん☆|ゲンキのモトのお医者さん

Q:なんでインフルエンザって怖い病気なの?

A:子どもは重症化しやすいからです!

健康な大人であれば重症化する心配はありませんが、お子さんは重症化して気管支炎、肺炎、脳症になり、後遺症や死亡リスクが高まります。

そうでなくても、脱水になれば点滴のために入院するケースも多いでしょう。抗ウイルス薬はインフルエンザ脳症を予防する効果はなく、ワクチンで予防することが大切です。

インフルエンザが重症化すると → 気管支炎、肺炎、脳症に!

だから!対策が必要!
  1. ワクチンで対策
    予防接種をすることで、万が一かかっても重症化を防ぐことができます!
  2. うがい手洗いで対策
    小さいうちから教えれば、1〜2才の子でも出来るようになりますよ!
  3. マスクで対策
    人ごみに行くときは、病気をもらってこないようにしましょう!

Q:いつからワクチンは打てるの?

A:生後6ヶ月から接種可能ですが、免疫がしっかりつくのは1才から。

  • 1才から抗体がつく 2回接種
  • 12才未満の子どもは 2回接種
  • 妊婦さんも打てます!! 1回接種

こんなメリットも!
妊娠中に接種することで、赤ちゃんも生後6ヶ月までインフルエンザの免疫がつきます!

久住先生
久住先生
ワクチンと生活習慣の工夫で、今年もインフルエンザにかからないようにしましょう! かかってしまったら早めの受診を!!

Q:10日以上も鼻水、くしゃみが続きます…風邪ですか?

A:それは、もしかするとハウスダストが原因!

空気がとてもこもりがちな冬のお部屋は、アレルゲンとなるダニの死骸や糞、カビ胞子、花粉などの、いわゆるハウスダストが溜まりやすく、それらが原因のアレルギーが考えられます。体調を崩すとアレルギー症状は悪化するので、冬はアレルゲン除去とともに体調管理にも気をつけましょう。

こんなシーンで鼻水くしゃみありませんか?

  • タンスの衣替え
    【対策】洗濯してから着ましょう
  • 混雑した電車の中
    【対策】マスクをしましょう
  • エアコンの暖房
    【対策】エアコンフィルターの掃除をしましょう

お部屋のどこにハウスダストが?

アレルギーの原因となるハウスダストを取り除こう!

▶掃除機を丁寧にかける
▶丸洗いできるファブリックを選ぶ
▶空気清浄機を活用する

身近なことで対策出来るんですね!
空気清浄機選びのポイント!

加湿装置内はカビ・ダニの温床になりやすい! 清潔さを重視するなら加湿装置なしを選んで!

澤田先生
澤田先生
冬は空気がこもりがち。お部屋の空気環境を考えましょう!!