ドクターコラム

自分のため・家族のため・健康のため 禁煙外来へ行こう!

自分のため、家族のため、健康のため、禁煙外来へ行きませんか?

なかなか一人では禁煙が難しいときは、病院の禁煙外来が力になってくれますよ!

クリニックでも積極的に禁煙外来を行なっている内科医の保科先生に、禁煙治療についてお聞きしました。

教えてくれたのはこの先生!
保科クリニック 院長 保科孝行 先生
日本内科学会認定医、認定産業医

保科先生の詳しい情報はこちら
気軽に健康相談できる、理想のかかりつけ医!|ゲンキのモトのお医者さん

タバコが引き起こす病気

タバコの害は「肺がん」だけではありません!タバコと因果関係が十分あると証明されている病気の一部をご紹介します。

    • 肺がん
    • 脳卒中
    • 歯周病
    • 子宮頸がん
    • 虚血性心疾患
    • 早産
    • 胃がん
    • 胎児の発育の遅れ

出典:厚生労働省「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」(2016)

禁煙外来の治療方法

禁煙外来での代表的な治療方法をご紹介します!

貼り薬

ニコチン量を徐々に減らしながら肌から吸収させる、ニコチンの代替療法です。ニコチン切れの症状(タバコが吸いたくなる、イライラ、集中できないなど)を緩和して禁煙をサポートします。

※妊娠・授乳中の服用はできません。

飲み薬

脳のニコチン受容体に、ニコチンの代わりに薬の成分を結合させることで、ニコチン切れの症状を軽減し、さらにタバコを吸っても美味しいと感じなくさせます。

※妊娠・授乳中の服用はできません。
※服用中は車の運転はできません。

禁煙で夫婦円満


●妊活の第一歩は禁煙から

妊婦さんは禁煙治療薬を服用できません。また喫煙は男女ともに不妊の原因にもなると言われています。将来生まれてくる赤ちゃんのことも考え、禁煙治療は夫婦で早めに取り組みましょう。

 

●禁煙は夫婦一緒が成功の秘訣

夫婦で喫煙している場合、妊活中に奥さんだけでなく旦那さんも一緒に禁煙に取り組むことがポイントです。また、妊娠中の奥さんがいるのに、旦那さんが禁煙していないのは、たとえ外で吸っていたとしても妊婦にとってかなりのストレスになります。不仲の原因にもなりかねないため、禁煙治療をオススメします。

保険利用可!禁煙外来のススメ

禁煙治療は、一年の期間を開ければ保険で再度治療を受けることができます。

たとえ一年しか禁煙が続かなかったとしても、「その期間は身体を回復させることができた」と前向きに捉え、諦めずに何度でもチャレンジしてみることが大切です。

ABOUT ME
いちの
いちの
Webを中心に活動しているライターいちのです。 小2長男・年長次男・年少三男、3兄弟のママ。 医療事務に従事していたのがきっかけで、ゲンキのモトのwebライターを担当することに! 得意ジャンルは子育て・育児・収納等。その他、コストコ・イケア・ニトリ・スリーコインズなど、人気のお店のトレンド記事も執筆しています! ブログとTwitterでは、子育てやライター業について発信中☆