美容

「一生モノの美人になる方法」はイメージコンサルタント・一色由美子に学べ! ゲンキのモト独占インタビュー

ニューヨークで、数多くの成功者のイメージコンサルテンィングを務めてきた一色由美子先生。著書『幸せをつかむ人ほど「見た目」にお金を使う』は3万部を超えるベストセラーに! さらに先生の個人コンサルティングは数ヶ月待ちという、今大人気のイメージコンサルタントです!

そんな一色先生が日頃、世の女性たちに訴え続けているのが、「女性は少しのテクニックと努力で、年齢に関係なく誰でもすぐに美人になれる!!」という持論。今回は、いつまでも綺麗でありたいママたちのために、先生オススメの美容やコスメ、自ら実践している生活習慣について、私、仲鉢がお聞きしてきました♪

肌の乾きは女を10年老けさせる

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「読者ハガキを読んでいると、一色先生の本はやっぱり人気で! ママたちの美容意識は年々高まっているという印象があります。今日はそんな読者ママに向けて、美容についてのお話を伺えたら嬉しいです♪」

一色先生 一色先生 「はい、宜しくおねがいします! ママたちにはいくつになっても綺麗でいることで、毎日を明るくイキイキした気分で過ごしてもらいたいですね。じつはメイクテクさえ身につければ、誰でも簡単に美人にはなれるもの。ただし、お肌が綺麗じゃないと、残念ながらその効果も半減してしまいます。肌が綺麗なら、一気に3倍くらいの美人になるのも夢ではありませんよ!!」

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「肌って、そんなに人の印象を左右させるものなのですね!!」

一色先生 一色先生 「美人の必須条件は、健康で美しい肌と髪! この二つは本当に大事。とにかく肌は、『乾かさない』ことがなにより大切です! 乾燥した肌は、女性を10年も20年も老けた印象にさせてしまいます」

ママ世代が賢く綺麗になりたいなら、時短美容一択

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「若い頃は、スキンケアも時間をかけて丁寧にされていた方が多いかもしれませんが、子育て中のママがスキンケアに時間をかけるというのは現実的に難しそう・・・なにしろ、お風呂上がりは自分を後回しにして、まずは子どもを着替えさせないといけませんから(笑)」

一色先生 一色先生 「そう! だからママたちがスキンケアを選ぶときは、必ず『時短』をポイントに置いてもらいたいんです。少し前に流行ったオイル美容は、私もオススメしていましたが、あれはあくまでもブースター。オイル→化粧水→クリームの3ステップが鉄則です。最後にクリームで蓋をしないと、肌の潤いが逃げてしまうんですよね。こんなケアだと、ママにはちょっととハードルが高い。そこでオススメしたいのが、オールインワンの美容液です!! なかでも、肌細胞に働きかけることで肌の内側からハリ、ツヤ、潤いを生み出すとされる『EGF』という成分の美容液が、海外セレブの間でも大変注目されています」

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「なるほど、オールインワンの美容液なら手間もかからずスキンケアできますね! 先生の肌、本っ当〜に綺麗です! 毛穴もないし、首もシワひとつない!!」

一色先生 一色先生 「首や手のシワで年齢がバレるって、言いますからね(笑)毎晩、この美容液でデコルテまでケアしています♪つい忘れがちですが、法令線、目の周り、首のスキンケアは、重点的に行うことがポイントです」



▲一色先生愛用のEGF成分配合のスキンケアシリーズ。左側の透明な瓶が、オールインワン美容液です♪

EGFスキンケアの詳細はコチラ
https://ystyleonline.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2441247&csid=0

誰でも美人になれるメイクのコツとは?

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「つづいては、ママがメイクするときのアドバイスを伺わせてください。30〜40代ともなると、若い頃と同じメイクでは、なかなか疲れた印象を隠せなくなってきますが、どうしたら良いのでしょうか?」

一色先生 一色先生 「シミやクマを隠したい一心で、一生懸命ファンデを厚く塗りたくったり、濃いメイクをするのは逆効果! ポイントは、年齢で失われた肌の血色とツヤを、メイクでほどよく足してあげることです。まずは、目元と口元の血色の悪さや肌のアラをコンシーラーで補正します。さらに、チークで頬にツヤと赤みを足すことで疲れた印象が払拭されて、明るくハツラツとした美人顔に変われます♪」

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「今年の1月に発売された先生のメイク本には、コンシーラーとアイシャドウ・チークのセットもついてくるんですよね?私もこのアイテムで、血色感とツヤ感を意識したメイクに挑戦してみたいと思います!」

一色先生 一色先生 「付属のアイシャドウ・チークは、どのパーソナルカラーの方が使っても似合う色を選んでいます。特にチークにもリップにも使えるレッドカラーは、美人度を上げるのにもってこいですよ♪」


▲1/22に宝島社から発売された「NY式 人生を変えるメイク術 BOOK」。一色先生監修のコスメが二つも付いていて、売れ切れ必須のお得アイテムです!

人生を変えるメイク術にチャレンジ♪

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 付属のメイクキットを、さっそく使ってみました! リップはいつもオレンジ系を使っているので、赤い口紅は新鮮です! シアーな赤なので、思いのほか馴染んで使いやすいですね。顔色がパッと明るく華やかになりました!

一色先生 一色先生 仲鉢さんのいつものメイクはポイントとなる色味がなくて、顔の印象がぼんやりしがち。人が気づかないくらいうっすら入ったチークは、塗っていないのと同じですよ! きちんと頬の赤みが分かる位しっかりチークを入れることで、血色のよいイキイキとした顔に一瞬で生まれ変わります。また、大人の女性でリップを塗らないのは絶対にNGです! 顔色が悪く、老けた印象を与えてしまいます。同じリップカラーでも、指やブラシで濃さを調節することで、印象をガラッと変えることもできるんです。ラフでカジュアルな印象にしたいなら、指でポンポンとリップを広げて。きちんと感が欲しいときは、リップブラシでラインをしっかり取って塗ってみてください。その日の気分や予定に合わせて、リップメイクを楽しんでくださいね♪」

■before  いつものメイク


▲コンシーラーなしだと、肌の色ムラが気になる…目を引く色がどこにもないので、ぼんやりと地味な印象。

■after  NY流 人生を変えるメイク術


▲コンシーラーで、くすみや赤みを消して、カラーメイクで色味をしっかりとプラス! 目元がハッキリとして全体的にイキイキとした印象に♪

更年期を怖がる前に今からできること

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「私を含めてですが、読者ママの声を聞いていると、みなさん更年期をかなり気にされているようです。更年期でも、女性がイキイキと過ごすためにできることってあるのでしょうか?」

一色先生 一色先生 「個人差が大きいものですが、多少なりとも女性の体や心に不調が訪れるのが50歳前後の更年期です。私の生徒さんでは、40代と年齢もまだ若いのに、ストレスが原因で更年期のような症状がでたり、老けこんでしまっている方もいらっしゃいます。やはり過度なストレスは、体の内側にとっても外側にとってもよくありません。趣味やオシャレなどの気分転換で、自分が居心地よくいられる時間を作ることは、更年期を乗り越える上でもとても大切だと思っています」

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「なるほど! 更年期こそ、ストレス解消を心がけたいものですね。先生自身では、健康のために何かしていることってあるのでしょうか?」

一色先生 一色先生 「私の場合は、ホルモン補充療法が体質的に合わなかったので、更年期対策として、女性ホルモンと似た働きをする成分のサプリメント『エクオール』を取り入れています。そのほかに、食事で足りない栄養素を補給する目的で、『マルチビタミン』のサプメントも愛用中です。何種類ものビタミンサプリを摂ると添加物の量も気になりますから、一つで複数のビタミンを摂取できるマルチビタミンは重宝しています。美しさを目指すには、やはりまず、心も体も健やかであることがとても大切だと思います!」

ルナちゃんママスタッフ ルナちゃんママスタッフ 「今日は、先生の美への考え方など興味深いお話をたくさんお聞きできました! いつまでも綺麗で輝ける女性を目指して、すこしでも頑張りたいと思います! ありがとうございました!」

ABOUT ME
仲鉢友美(ルナちゃんママスタッフ)
仲鉢友美(ルナちゃんママスタッフ)
ゲンキのモトがスタートした頃はお腹の中にいた娘も、今では中学一年に! 思春期娘、家族と自分の健康のためにグルテンフリー生活をはじめ、気がつけば栄養学を学び講師の資格もゲット!今後は女性ホルモンについての知識や美容と体質改善の体験レポをご紹介して行きたいです☆デザイナーから営業までオールマイティーに登場します。二匹の個性溢れるチワワンズと健康的な食事をテーマにしたインスタグラムもご覧くださ〜い♪