健康

女性に多い乳がん・子宮がん・くも膜下出血を安心チェック! 新型MRI体験レポ☆<後編>

前回は、痛みや被曝リスクなしで脳や乳がん・子宮がんを検査できるMRIについて詳しくレポートさせていただきました。(前回記事はコチラ)今回は、実際に私が受けた脳ドックの結果について書きたいと思います! 人生初の脳ドック体験。果たして結果はどうだったのでしょうか!?

待望の検査結果が到着!

今回お世話になった川口パークタワークリニックさんのMRI検査であれば、結果は1時間半ほどで直接受け取ることもできますが、検査日の午後に予定があったため今回は会社へ郵送してもらうことにしました。もちろん、受診される方の希望により、自宅へ郵送することも面談で結果説明を受けることも可能です。

そして数日後、待ちに待った結果用紙が到着しました!
封筒には、脳の画像データと早期アルツハイマー型認知症診断(VSRAD)の説明書、画像所見の要約が記されたMRIレポートが入っており、MRIレポートには「虚血性変化や出血性病変を疑う異常信号は認められません」との記載が!

ひとまず異常はなしとのことで、安心しました!

検査結果は「異常なし」ところが…!

ところがひとつ、検査中に診療放射線技師の方に指摘されていたことがあったのです!!

なんと! 私の脳の血管には、先天的奇形で梗塞している部分があるというのです!
「え?! 脳梗塞!! 私、大丈夫なの??」と聞いた瞬間かなり焦りましたが、よくよく話を聞いてみると、別の血管でバイパスが通っているため大きな問題はないとのこと。
ほかに大きな異常もなかったため、もしかしたら慢性的な頭痛はこれが原因の可能性が高いとのことでした。

▲MRIレポートに記載された、生まれて初めてみる自分の脳! 血管の低形成(梗塞)が、赤い三角印で2箇所示されていました。前大脳動脈と右椎骨動脈の2箇所が詰まっているもよう。

近年はMRIの性能が格段に良くなり、まれに私のように問題にはならない脳の奇形なども発見されるケースが増えているそうです!

まとめ

「最近、頭痛が酷いけど、じつは怖い病気があったらどうしよう!?」とずっと気になっていましたが、今回のMRI検査でその不安も払拭されました。思い切って検査を受けてみて本当に良かった!

脳MRI検査は、検査前に食事制限をする必要もありませんし、服を着たまま15〜30分ほど検査台に横になっているだけで完了するため、受診者にとって精神的にも身体的にも負担の軽い検査です。また、痛みや被曝リスクが一切ない点もポイントが高いですよね!

気になる症状がある方はもちろん、身体のあちこちに支障がではじめるパパママ世代には、とってもおすすめの検査! ぜひ一度、いつもの健診にプラスしてMRI検査を受けてみてはいかがでしょうか?

▼川口パークタワークリニックの詳細はコチラ
http://genki-moto-doctor.jp/2019/05/31/kawaguchi_parktower_medical_checkup/

▼MRI脳ドック・レディースドックのご予約はコチラ
https://www.parktower-clinic.jp/dock_reserve_form.php

ABOUT ME
やえ編集スタッフ
やえ編集スタッフ
ゲンキのモトの編集・ライティング担当。10才と6才の男の子がいます! 乳幼児ママのための食の総合情報サイト「こどものヒトサラ」にて、お弁当記事を掲載中。インスタグラムでも、日々のお弁当や大好きなスイーツなどをアップしています♪良かったら見にきてくださいね!(@mainichi_sweets_genkinomoto